消費者金融はatmローンカードともいえるキャッシングです。
利用できるATMは非常に多く、全国展開をしているコンビニならばたいがいは利用ができます。
ローソン、ファミリーマート、サークルK、セブンイレブンなど私たちの生活にとって身近なコンビニに設置されているATMは借り入れにも返済にも利用することができます。
学生の行動範囲の中にはコンビニはあるものです。
コンビニATMであれば傍から見ても消費者金融を利用するためにコンビニATMをつかっているとは思われないでしょう。
ただしいくつか注意しておきたいことがあります。
まずは利用手数料です。
コンビニATMはあくまでも提携先となっており消費者金融が持つ専用の自社ATMであありません。
そのため利用するときには手数料がかかることとなります。
手数料はその業者によって違う、ということはなく、借り入れでも返済でも1万円以下を取り扱うときには手数料が105円となり、それ以上の金額になると手数料は210円になります。
さほどでもない金額かもしれませんが、学生は少額キャッシングになりますのでそもそも利息が小さく、もしかすれば支払う手数料の方が高くなることすらあります。
消費者金融でも提携ATMは利用手数料無料となっているところがあります。
返済に関わるのは元金や利息だけではなく利用手数料がありますのでこの節約を考えていきましょう。
便利だからこそどんなコストがかかるのか確認しておくことを忘れないようにしましょう。